グッタペルカの補修

バルナックライカやM型ライカの、ボディーならびにレンズの皮の剥がれはありませんか?


そんな時、橋本カメラワークでは、剥がれたグッタペルカ(カメラの皮部分)に特殊なパテを配合させ、オリジナルと寸分変わらないほどに仕上げます。

グッタペルカの剥がれている場所は問いません。
R部分や、角部分でも問題ありません。

1センチ×1センチ程度までが良い仕上がりです。
なお、1センチをオーバーすると、やや継ぎ目が見える可能性があります。


 
料金  4,000円〜(1cm×1cm未満の修理の場合)



※こんな場合は修理が出来ません
 @グッタペルカが完全に乾き、指などで触れる程度で剥がれてしまうカメラやレンズ
 A剥がれている周辺に浮きがあるような場合

 ■リペア前
 ■リペア後
←TOPへ戻る
inserted by FC2 system